Google Payments: 税法上の居住地における追加の税務情報が必要です の対処方法

2023年12月13日


関連: GoogleAdSense「シンガポールの税務情報をご提出下さい」の対処方法


 税務情報の提出に、日本の免許証やマイナンバーを始めとした居住者証明書以外の書類を用いた場合には、Google AdSenseよりGoogle Payments名義で次のメッセージが届きます。


 税法上の居住地における追加の税務情報が必要です

お客様が提出された書類を確認できませんでした。税法上の居住地における税務ステータスを承認するには、追加の税務情報が必要です。

書類に関して考えられる原因:

期限切れ
許可されないタイプ
発行日が将来の日付
承認されない書類の提出国
承認された提供元からの発行でない
真正性を確認できない


プロファイルが最新の状態であることを確認し、対象となる免税を申請するには、できるだけ早く現在の有効な種類の書類を提出してください。
税務情報が受理されて承認されるまでの間は、税法上の居住地で現在有効な既定の税制が適用されます。




 「ドキュメントを提出して下さい」を押下すると、Googleお支払いセンター > 設定 > 税務情報の管理 のカテゴリの税法上の居住地の項目に、以下の警告文が掲載されます。


税務情報を確認するために追加書類が必要です。

ご提出いただいた書類の種類が Google が承認したものではないか、有効期限が切れている可能性があります。

対象となる課税免除を申請するには、現在の有効な書類をできるだけ早く提出してください。税務情報が承認されるまでは、現在有効な既定の税制が適用されます。




 対処するには、「不足しているドキュメントを送信する」 を選択し、居住者証明の項目の「アップロード」より、管轄の税務署から発行した居住者証明書のファイルを添付し「ドキュメントを送信」します。


関連: 居住者証明書の取得・記入方法


 その際、アップロード中を示す円形のアイコンが回転した状態のまま進行しない不具合が発生する場合がありますが、画面を再読み込みすると次のメッセージが表示されます。


お客様の税務情報は審査中です。税務情報が承認されるまでの間は、お客様の税法上の居住国でデフォルトで適用可能な税制が適用されます。

審査には最長で 7 営業日ほどかかる場合があります。税務情報が受理されると、メールが届きます。必要に応じて、さらに詳しい情報の提供をお願いするメールをお送りする場合があります。




 アップロードが正常に行われたか否かの確認メールは送信されません。



再度、「税法上の居住地における追加の税務情報が必要です」のメールが届いた場合


 アップロードした税務情報に記載された住所と、Google AdSenseに登録している住所が完全に一致しているかどうか確認します。

 漢数字とアラビア数字の相違の他、丁目や番と記載されている部分がハイフンになっていないかを、次の項目で確かめます。
 

 【Google AdSense > お支払い > お支払情報 > 設定 > 設定を管理する > お支払いプロファイル > 住所】

 
 また、念のためにGoogleお支払いセンターの設定に記載されている住所も確認します。加えて、Googleお支払いセンターのアドレス帳に余計な住所が含まれていれば削除することをおすすめします。


 この税務情報の処理が完了しない限り、Google AdSenseからの支払いは保留されるため、早急な対応が必要です。

 一度の提出につき、確認作業にはおよそ2週間を要します。






関連記事
スポンサーサイト